トップ > 訪問看護ステーション > 訪問看護ステーションとは?

訪問看護ステーションとは?

訪問看護ステーションとは

病気やケガのため自宅で療養しながらご家庭で生活さられている方のご自宅を看護師が訪問して、主治医の指示や連携を行いながら、安心して快適な療養がおくれるよう、病状や状態に応じた適切な看護サービスを提供させていただきます。

ご利用いただける方

  • ■在宅で寝たきりの方、または寝たきりになるおそれのある方
    ■認知症の高齢者
    ■病気やケガで自宅療養中の方で、かかりつけ医が訪問看護が必要であると認めた方

業務内容

医師の指示に基づく医療的処置

医師の指示に基づき、褥瘡防止や処置、各種カテーテル管理などを行います。

病状観察・健康管理

血圧・体温・脈拍など病状や体調の測定・観察を行います。

リハビリテーション

機能回復や維持、関節拘縮予防、歩行訓練などのお手伝いを行います。

各種の介助

入浴や洗髪、食事、清拭、排泄、移動など療養上の介助を行います。

諸機関との調整や連絡

主治医の先生への報告や福祉サービス提供機関との調整を行います。。

在宅介護のアドバイス

介護についてのアドバイスやご相談、機器のなどのご質問にお答えします。

※より詳しい内容、料金等につきましては直接、当訪問看護ステーションまでお尋ね下さい。

サービス提供までの流れ

サービスの依頼

ご利用者様、ご家族、居宅介護支援事業所又は地域包括支援センターからヘルパーステーションに依頼があります。

 


お宅訪問

サービス提供責任者がご利用者様のお宅を訪問します。
依頼内容に基づき、サービスの内容や当ヘルパーステーションの概要を説明させていただきます。 同意をいただきましたら、契約を行います。

 


サービス担当者
会議の開催

ご利用者様や関係事業所が集まり、サービス計画について会議を開催します。
当ヘルパーステーションが行う内容を訪問介護計画書に作成し、説明・同意を得ます。

 


サービスの開始

初回サービス提供については、サービス提供責任者と担当ヘルパーがお宅を訪問します。ホームヘルパーは訪問介護計画書に沿ってサービスの提供を行います。
ページトップへ