トップ > 外来 > 検査案内

検査案内

CTスキャン

CTスキャン

全身を輪切りにしたように撮影することができ、脳出血、脳梗塞や身体のいろいろな部位の腫瘍などを発見することができます。

予約なしで検査できます
超音波検査(エコー)

超音波検査(エコー)

腹部エコーでは肝臓、すい臓、胆のう、じん臓などの腫瘍や炎症、結石を見つけることができます。
心エコーでは心臓の病気を見つける事ができます。

胃カメラ

胃カメラ

食道や胃の病気を発見するための検査です。
食道や胃の病気は早期に発見した方が治療経過はよくなりますので定期検査をおすすめします。
当院では鎮静剤を使って楽に検査を受ける事ができます。

大腸ファイバー

大腸の病気を発見するための検査です。早期の大腸ガンは自覚症状がない場合がほとんどです。
しかし、早期に発見すれば、ほとんど治りますので、定期的に検査を受けましょう。

ヘリコバクター・ピロリ菌の検査

胃潰瘍の原因となっている細菌を見つける検査です。この細菌は除菌することができます。

骨塩定量検査

骨塩定量検査

骨の密度は測り、骨粗鬆症を診断したり、薬の効き具合を確かめたりするための検査です。
骨がもろくなる骨粗鬆症は、寝たきり原因の上位を占める骨折を引き起こします。定期的に骨密度を調べることをお勧めします。

血圧脈波検査(ABI)

血管の硬さを調べ動脈硬化の程度がわかります。

アレルゲン検査

血液検査でアレルギーの原因物質がわかります。原因に合わせた対策が可能になります。

末梢神経伝導速度

しびれの原因が、末梢神経の損傷によるものか判別できます。

ページトップへ